學日文文法教學系列第4課上課教學筆記~にあたって/にあたり(まして)/にあたっての

學日文文法教學系列第4課
~にあたって/にあたり(まして)/にあたっての



~にあたって/にあたり(まして)/にあたっての

  接續:

  名詞+にあたって/にあたり(まして)/にあたっての+名詞
動詞辭書形+にあたって/にあたり(まして)/にあたっての+名詞

  意思:

  在面臨一個嶄新的時期,一個前所未有的時期,一個稱得上歷史性的時期去做某事。多用於致詞,演講,慰問,採訪,致謝等教拘謹,教隆重的場合。在........時候,借......之際。

  例子:

  ①原子力発電所の建設にあたって、住民との話し合いが持たれた。

  在建設核電站的時候,我們同當地的居民進行了對話溝通。

  ②稅率改革案を実施するにあたって、政府はマスコミを通じて國民に説明するとともに、國民の理解を求めました。

  在實施稅率改革方案之際,政府通過媒體向全體人民做了說明,同時力求得到人民的理解。

  作業:

  立候補なさる______お気持ちはいかがでしょうか。
1、にあたって 2、にあたっての 3、にあたり

  答案(反白可見):2

~に先立って/に先立ち/に先立つ

  接續:

  名詞+に先立って/に先立ち/に先立つ+名詞
動詞辭書形+に先立って/に先立ち/に先立つ

  意思:

  表示在開始做前項的事情之前,先準備好後項的事情。相當於「~する前に~をしておく/をしておいた」的意思。主要用於書面語。在........之前。

  例子:

  ①新薬の輸入に先立ち、慎重な調査が行われている。

  在進口新藥之前,做了慎重的調查。

  ②大統領來日に先立つ安全警備を再確認するようにという指令があった。

  上面有指示,要求再次檢查一下外國總統來日訪問時的安全保衛工作。

  作業:

  漢譯日:在建設新機場之前,務必要聽取當地居民的意見。

  答案(反白可見):新空港建設計畫を立てるに先立って、地元の住民の意見を求める必要があ
請幫忙按一下讚鼓勵吧!